入院52日目(皮膚の回復、診察)

体調確認


バイタルに変化はありません。

朝方、うがいをして痰を出す際に涙目にはなりますが、いつもより痛みや吐き気は少なく感じました。

早く副作用が少なくなる事を願うばかりです。

皮膚の回復


照射範囲が限局したせいか鎖骨周辺や首の前側の皮膚が良くなってきています。

代わりに右の後ろ側が赤くなってきています。

前側の保湿を中止して、後ろ側の保湿を行っていきます。

また、看護師からは経口摂取しているから良くなるのも早いと言われました。

それほど皮膚の治りも違うらしいです。

がんばって食べて良かったです。

診察


内視鏡で確認します。

まだ広い範囲で白く(粘膜炎)なっており、腫れているところも多い様です。

前回言っていた天蓋部分はきれいになっていると話されていました。

元々の形にもよるみたいですが、他の部位に関してもほぼ正常と変わらないとの事です。

とうとうここまで来ました。

見た目ではわかりにくいレベルにはなりました。

後は気になるのは細胞レベルでどうなのかです。

今後の検査を待つばかりです。

 

 

 

投稿者:

たろみち

簡単な自己紹介をさせていただきます。 病院でリハビリの仕事をしています。医療従事者としてはそれなりに健康管理をしてきたつもりです。 2017年11月33歳となり、子どもには恵まれ、妻のお腹の中にも3人目が出来て喜びの最中、癌になりました。 家族や仲間や応援してくれる方々の事を想いながら、前向きに上咽頭がんと治療後の副作用と向き合っています。 残念ながら2年後には脊椎に転移してしまいました。 2019年6月現在、転移性脊椎腫瘍と闘っています。

コメントを残す