マメイカエギングのシステム!たくさん釣れて美味しい『マメイカ』の釣り方!

マメイカとは?

全国的にはヒイカと呼ばれてるみたいですが、北海道では『マメイカ』の愛称で親しまれています。

標準和名はジンドウイカと言います( ˙꒳​˙ᐢ )ウィッ

胴長が約10cmくらいの小型のイカです。

菱形のヒレが大きく、腕も長めで、小型の割りに墨の量が多いのが特徴です。

産卵期は春で、釣りのハイシーズンは春から初夏、秋~冬と長期的に楽しめます。

また、このイカは数釣りが期待でき、夜だけではなく日中から釣れ、3桁の釣果もありえます。

誰でも普通に釣れるため、マメイカからエギングにハマってしまう人が多いとも言われています。

そして何と言っても、たくさん釣れてヤリイカにも負けない美味しさが大人気なイカです٩(>ω<*)و

マメイカの釣り方

数釣りになる事が珍しくないので、エギ+スッテを使って釣ります。

中には数釣りを期待してスッテを何個も付けている方や竿を何本も用意している方もいるくらいです。

釣れる時には釣れるので、マメイカはあまりスッテの数にはこだわらなくて良いと思います( ¯꒳¯ )b✧

ただ、小型であるマメイカでもアワセて釣りたいならエギとスッテは1つずつがおすすめです(数が多いとエギの動きが明らかに悪くなります)。

食い気が高いマメイカは、自分よりも大きい3号以上のエギを抱いてくる事もありますが、小型のため基本的には1.5~2号くらいのエギを使います。

スッテも最小クラスの0.8~1.2号(5cm以下くらい) のものを使用します。

エギのカラーや使い分けについては、こちらのイカの生態を参考にして自分なりに選んで下さい。

イカの生態を知った時、あなたならどれを選択するでしょうか?

イカ釣りを生態(海と視覚の関係からみた仕掛けなどを分析)から考える!エギングでのおすすめの釣り方!

ロッドは約8フィート(対応エギ3.5号以下)で、竿先(ティップ)は柔らかいものの方がアタリがわかりやすくておすすめです。

エギング用でなくてもアジングやライトロック用でもティップが柔らかいので十分使えます。

ラインは0.4~0.6号と言われていますが、細いPEラインのデメリットもあります。

あまり細いPEだと糸の重量が軽いため風に流されやすくなり、海面上で糸ふけが出来やすかったりします。

それにリールを何個も用意するのがめんどくさい方は多いと思うので、他のイカにも使える様にPEは0.8号にしておくの事が僕はおすすめしています。

ショックリーダーはフロロカーボンの6~8ポンド(1.5~2号)にします。

フロロカーボンの耐摩耗性はPEより強いので、底付近を探る事(=消耗が激しい)が多いエギングにはフロロの接続が必要です。

また、浮力の大きいPEではエギのフォール姿勢に影響を与えてしまうので、比重の大きいフロロで解消します。

マメイカは短時間のうちにアタリダナや回遊範囲が変わりやすいと言われています。

岸壁がヒットゾーンになりやすい事が多いので、投光器を置いて釣る事が多いですが、沖目にも回遊するので岸壁のアタリが止まったら遠投して広範囲を探ります。

また、回遊レンジは比較的深い事が多いです。

釣り方としては、1度エギを着底させてから誘いを入れる事をおすすめします。

着底後にはシャクリやトゥイッチを2~3回入れてフォールします。

基本は岸壁で釣るのでラインを張らないフリーフォールにします。

遠投する場合にはフリーフォールやカーブフォールを混ぜて行います。

フリーフォールやカーブフォールについてはこちらを参考にして下さい。

フリーフォールとカーブフォールの使い分け

マメイカに使っているアイテムを紹介

僕がマメイカに使っているのはこちらのアイテムです⁽⁽٩(๑˃̶͈̀ ᗨ ˂̶͈́)۶⁾⁾

今回、エギとスッテをレッドヘッドにしているのには意味はありませんが、個人的にはレッドヘッドはけっこう釣れているので好きです(笑)

マメイカはあんまりこだわらなくても釣れるので大丈夫だとは思いますが、色々とエギやスッテを替えるならスナップをつけて釣ることをおすすめします。

スナップがあれば取り替えが楽ですし、スッテにもスナップをつける事で棚幅を簡単に変更することができます。

スナップのつけ方やPEとショックリーダーの接続方法はこちらを参考にしてみて下さい。

エギングで覚えておきたいノット

スナップのビーズを止めるのに僕はWカーボンのウキ止めゴムを使用しています。

マメイカのショックリーダー1.5号にはSSサイズを使用しますが、載っていなかったので、とりあえずLサイズを載せます。

エギやスッテのシステムや使い分けについてはこちらを参考にしてみて下さい。

エギとスッテ(ドロッパーシステムや使い分け)について

ぜひ、誰でも数釣りが狙えるマメイカをたくさん釣って食べましょう!!!

検索

© 2020 たろみちの日記