手術後の経過

遅くなりましたが、手術後の経過についてまとめましたのでお伝えしたいと思います。

前回までに手術後3日目くらいまではお伝えしたと思いますので、今回はその後の経過となります。

では、よろしくお願いしますm(_ _)m

術後1週目

8月10日

血腫予防の為に背中に入れていた血を抜く為のドレーンが外れました。

手術直後は200mlくらい出血していました。

出血100ml以下がドレーンを外す目安みたいです。

徐々に出血量は減ってきて、術後3日目の今日は80mlになったので外す事になりました。

背中に血腫ができただけでも脊髄に影響が出ると言われていましたが、これで一安心なのでしょうか。

手術した部分を中心に背中全体(痺れは横腹くらいまで)が痺れているので、ドレーンを抜く時には何も感じませんでした。

医師は手術の跡も良好だと話していました。

体の動きに関しては、痛みはありますが足首や膝を少し曲げられる様になりました。

足には塞栓予防の自動ポンプがずっとついていますので動かしにくさもあります。

写真撮るの忘れましたが、この様なものが左下腿(切った場所)以外についていました。

ちなみに離床開始(8月12日)になるとストッキングに変わりました。

ベッド上の動きでは、未だに寝返りは痛くて1人ではできません。

夜間も申し訳ないですが全介助で手伝ってもらっています。

痛みで何度も起きてしまいます。

我慢はしますが、耐えれなくなったら姿勢をかえてもらいます。

ただ、足が動かせる様になってきたので介助量は減ってきています。

最初は介助するのも大変だったと思います。

看護師や家族には動けないので水を飲ませてもらったりと色々と助けてもらい感謝しています(T_T)

8月12日

動く度に背中と左足は痛いですが、ようやくベッドの角度を上げると起き上がる事ができ、車いすへも移れる様になりました。

コルセットをつけながら座っているのも痛いですが、我慢できるレベルです。

痛いので左足には体重をかけれませんでしたが、立つのも何とかなりました。

車いすで動けるようになり、トイレにも行ける様になったので次の日には尿カテーテルも外れる事になりました。

本音を言うと、やっぱりカテーテルが嫌で無理してでもトイレに行ったというのが正直な気持ちかもしれません。

カテーテルが入っていたので今日まで看護師が毎日陰部清拭してくれていました。

最初から『自分は患者になったのだ』と割り切っていたので恥ずかしさはそこまでありませんでした。

ただ、デリケートな部分なので看護師が気を遣ってくれていましたが、それに対して申し訳なさを感じてしまいました。

感謝していますが、なんか切なかったのです。

カテーテルを抜いた後は頻尿になってしまいましたが、こちらも気を遣わない分気持ちは前向きになりました。

カテーテルを抜く時には痛みも何もありませんでした。

生活上も車いすで過ごして良い事になり、ようやくベッド上での生活から抜け出す事ができました。

痛いので長くは座っていられませんが、少しずつ離床時間を増やしていきたいと思います。

介助してもらえるのはありがたいですが、自分で動ける事ってやっぱり幸せな事です(⸝⸝›_‹⸝⸝)

8月13日

なぜか貧血が悪化しています(;゚Д゚)!

手術中も出血量は少なかったと聞いていましたが、とうとう血液検査でヘモグロビンが6.9へ低下しました。

これは成人男性(正常値)の半分の値になります。

すぐに輸血(2パック)する事になりました。

輸血前には輸血可能か血液検査を実施しました。

でも、なぜ貧血になってしまったのでしょうか。

入院前に使用した抗がん剤のせいで骨髄抑制が起きてしまい、血が作られてないのか?

または、どこかで出血しているのか?

検査としては大腸潜血検査と造影CTを行う事になりました。

ここで簡単に貧血の説明をします。

貧血は血液の赤血球の中にあるヘモグロビンという血色素が減少したために起こります。

ヘモグロビンは身体の組織に酸素を運ぶなど、重要な役割を担っているため、減少するとさまざまな組織が酸欠状態になります。

結果、「顔色が悪い」「全身倦怠感」「立ちくらみ」「胸痛」「動悸」「息切れ」などさまざまな症状を起こします。

僕も動くと立ちくらみが起きたり、嫁に顔色が悪いと言われていました。

男性が貧血になる場合は、重度な事が多く、胃・十二指腸潰瘍、胃がん、大腸ポリープ、大腸がんなどの可能性が高く、それらによって体内で出血が起こると貧血を引き起こす事があるそうです。

検査結果から造影CTやレントゲンや大腸潜血検査からは異常所見は確認されなかった為、骨髄抑制による造血作用の回復が遅れているのかもしれないという結論に至りました。

他の検査も見て経過をみていくそうです。

また、輸血してもヘモグロビンが増えない場合は血液内科を受診するみたいです。

1人ではなるべく動かず、安静にしている事になりました。

せっかく起きれる様になったのに残念です(-_-;)

術後2週目

8月14日

貧血は続いていますが、立ちくらみが起きない範囲でリハビリをしています。

いよいよ歩く練習が始まりました。

これまではベッド上でのストレッチや座ったり立ったりする練習を行っていました。

今日は歩行車(歩行器に車輪がついているタイプ)を使って病棟内を3周くらい歩きました。

たぶん500m以上は歩いたと思います。

歩き方は正常ではありませんが、貧血がありながらも最初にしては歩けた方だと思います。

運動は痛みを我慢すればどうにかなりました。

ただ、運動後には足や背中に熱感や痛みが強くなってしまうので一度に多くはやらず休みながら行いました。

終わった後にアイシングもしました。

看護師にも確認してもらい、今日から歩行車での行動も許可されたのでより動きやすくなりました。

自分の予想より早く動ける様になってきています。

医師に早ければ2週間で退院できるとは言われていましたが、本当に可能かもしれません。

人間の回復力ってすごいですね!

8月15日

今日からリハビリテーション室まで歩行車で移動してリハビリをする事になりました。

距離はありましたが、問題ありませんでした。

気合いです( ¯꒳¯ )

リハビリの部屋では足の関節運動や筋トレ、階段の練習をします。

階段は1足1段で上る事はできましたが、左足首が曲げれないので下る事はできませんでした。

しばらくは左足首の動かせる範囲を広げるリハビリをしていきます。

また、今日から痛み止めの点滴(アセリオ、ロピオン)無しで寝る事にしました。

今日まで眠れないので睡眠薬を使ったり、痛み止めも使うタイミングや時間など調整しましたが、効き目が薄れたら痛くなって目が覚めるので、結局は我慢も必要だと思います。

痛みが減るまでは仕方ありませんね。

腕についていた点滴も外れたので、これで体についているものは何も無くなりました。

かなり解放感があります٩(>ω<*)و

自由って素晴らしい!

動く時にコルセットをつけるのがめんどくさいくらいですね。

とにかくデカい!

ちなまにコルセットは立位姿勢で作られたものなので寝る姿勢には向きません。

なので起きる度につけます。

・・・半年も(-_-;)

『コルセットという甲冑を着て、闘病人生を歩む』

何となく思いつきました(笑)

移動が可能になったのでシャワー開始になり、手伝ってもらいながら行っていましたが、体を洗う時以外はすぐにコルセットをつけるので準備が大変でした。

ビニール袋の中にコルセットとタオルとシャツを入れて、洗っているすぐ隣に置いたりして行ったりもしました。

また病院では背中の負担を避ける為にシャワーチェアーを使っていました。

自宅にはシャワーチェアー(背もたれ)がないからどうしたものか医師に相談すると、端座位で姿勢を崩さないなら短時間はシャワーチェアーなしで良いと言われました。

これで退院に関しては用意するものはないので、痛みや貧血が問題なくなれば大丈夫そうです。

目標が見えてきました(⸝⸝⸝´ꇴ`⸝⸝⸝)

術後3週目

8月19日

急に話が動きました。

朝の回診時に貧血の状態はまだ基準値には達していませんが、数値は良くなってきているので退院しても良いと言われました。

いきなりでビックリしました!

いつでも良いと言われたので、今日の夕方に退院する事にしました。

やっぱり早く自宅に帰りたいですからね。

嫁に連絡して仕事が終わってから迎えに来てもらいました。

いつも退院する時に思いますが、病院玄関から出た瞬間の解放感はたまりません。

一気に気持ちが晴れます。

そして世界が眩しく見えます。

今回は痛みがあるだけで具合は悪くないので尚更感じられた気がします。

自宅療養

動き方に初めは苦戦しましたが、家での生活はすぐに慣れました。

階段は手すりを使いながら2足1段で問題ありません。

左足首の可動性を引き出す為にストレッチを階段で行ったりもしています。

玄関の上がり框昇降や靴の脱ぎ履きや靴下の着脱は大変でした。

座りながらやらないと手が届きません。

手を使うとしても前かがみができず、片手操作になるので特に靴下は履くのが難しいです。

シャワーは用意さえしてしまえば問題なく可能でした。

端座位で行っても動かさなければ痛みも少ないです。

洗い終わってからタオルで拭いて上着を着てコルセットをつける時に嫁に用意を手伝ってもらえば大丈夫でした。

やっぱり子どもといるのはリハビリになります。

動く動機づけになりますからね。

前かがみができないのと重いものが持てないので家事は限られますが、これもリハビリになるので出来る範囲で行っています。

ただ、2~3時間起きては横になって休むの繰り返しです。

痛み止めが効かなくなりますし、痛みの他にだるさもでてきます。

まぁ、ゆっくりやるしかないですね。

整形外科受診

9月2日

今日は約1ヶ月ぶりの整形外科受診です。

いよいよ手術の生検結果がわかります。

何ともない事を祈ります。

整形は待ち時間がいつも長いですが、今日は時間通りに呼ばれました。

結果は筋肉や皮膚など周辺の軟部組織には広がっていませんでした!!!

骨がまだ結果が出ていなかった為、次の受診時に聞く事になりました。

それでも一安心です(´TωT`)

このまま骨にも広がらず、新しい転移もなく健康に過ごせたら嬉しいです。

落ち着いたら仕事も復帰して、大事な仲間とも普通に遊んだりしたいです。

もう少しの辛抱だと願います。

検索

© 2020 たろみちの日記