再発治療前の身体状況確認

再発治療前の身体状況確認

これから副作用が出てきてしまう可能性があるので1度確認します。

2019年7月1日時点での残っている副作用や状態は、

⚫頭痛

⇒たまに重だるくなります。血圧が高くなったのでそのせいもあると思います。

⚫めまい

⇒2018年治療後に2回ほど失神しましたが、それ以降は失神はないです。ただ、立ちくらみ的なものは残っています。目の前がモザイク様になります。動かない状態が長いと血流なのかめまいが出ます。

⚫四肢の痺れ

⇒慣れたのか、仕事していると忘れるのか、少し減った気がします。医師には治らないとは言われましたが、末梢神経は1日0.3から1mmは回復するとされています。脊髄レベルでもダメージはあるかもしれませんが、末梢神経レベルでの回復は期待したいと思います。現在は、正座してたら出てくる痺れを少し弱くした感じです。触られても問題ありませんし、触覚も大丈夫です。走ったり、急なタッチは痺れが増強します。

⚫味覚低下

⇒定期的に味覚検査もしていますが、検査上やっぱり3割くらいしか回復していません。甘味が特にわからず、次いで塩味がわかりません。ですが、美味しいと感じられるので十分ありがたいです。もう味覚が全くない世界には戻りたくありません。

⚫唾液量低下

⇒運動時唾液は10㎖を維持しています。また、安静時唾液も増えた気がします。水を飲む回数が減っています。夜中に喉が乾いて起きる事も少なくなりました。

⚫頚部の関節可動域制限

⇒継続しており、特に速く動かすと痛みが出ます。

⚫鼻腔閉鎖不全

⇒鼻づまり、鼻がかめなかったり、うまく飲み込みができなくなります。

⚫放射線照射部位骨壊死の可能性

⇒虫歯や抜歯などしたりして菌が侵入するとなる恐れがあります。月に一度は歯科受診しています。

⚫PTSD

⇒やっぱり受診時や何かをきっかけに闘病中の感覚がよみがえり気持ち悪くなります。最近はインフルエンザになった時や大学病院内を歩いている時になりました。

⚫うつ症状

⇒気持ちがネガティブになったり、ぼぉーっとする事は減ったと思います。仕事も楽しくでき、家族と幸せに過ごせているからでしょうか。ただ、再発を考えると気持ちが落ちます。

⚫倦怠感

⇒最近は休日や朝方や仕事が終わって食事中に出ます。気持ちがリラックスし、副交感神経優位になった時に疲れやだるさが出ます。それだけまだ普段は気を張ってるのかもしれません。

⚫頻尿

⇒だいぶ減りました。夜間に関しても起きるのは1回くらいになりました。

⚫皮膚症状

⇒放射線が当たっていた部位にニキビができやすかったですが、なくなりました。気をつけてケアしていきたいと思います。

⚫冷え症

⇒四肢の先が特にあたたまりにくいです。服も厚着になりました。今は夏ですがスウェット上下にふとんをかぶって寝ています。

⚫耳鳴り

⇒頻度はかなり減りました。数分程度継続します。

⚫副鼻腔炎

⇒濃い黄色の鼻水や水っぽい鼻水が止まらず、鼻周辺には痛みがありましたが、大学病院で抗生物質と点鼻薬を処方され、鼻うがいもするように指導されてからは落ち着いています。また、症状が強く出てしまう時にも鼻うがいを何度も行うと治まりやすいです。普段は1日2回程度ですが、症状が強い時には5回くらい行っています。

検索

© 2020 たろみちの日記