簡単!壁紙の補修

壁紙の補修


長い事生活していると壁紙に色んなシミや線が付いてしまう事があると思います。

そんな時、張り替えを考える事があるかもしれませんが、調べてみると結構かかります。

クロス張替えの費用は一般的に、次の式いずれかで算出するそうです。

○○○円/㎡ という表記の
「平米単価」 × 部屋の張り面積

○○○円/m という表記の
「メートル単価」 × 材料のメートル数

○○○円の中には材料費・工賃等が含まれている場合もあり、リフォーム会社によって異なります。

大体の平米・メートル単価としては、

スタンダード(量産)クロスで、

750〜950円

ハイグレード(1000番台)クロスで、

1100〜1300円

くらいになっています。

また、単価の中には、クロスの材料費に工賃等が含まれています。

この工賃等がくせもので、この中に何を含んで何を含まないかは、施工業者によって違います。

廃材処分費、下地処理費、荷物移動費、養生費などがあるそうです。

なので壁一面張り替えするのに何万円もかかってしまう事があります。

破損している場合には仕方ないかもしれませんが、ちょっとの汚れに壁紙を張り替えるのはもったいないと考えるなら自分で修復してみてはいかがでしょうか。

色々と探しましたが、非常に簡単だったのはコチラです。

created by Rinker
ハウスボックス
¥512 (2020/09/20 04:13:50時点 Amazon調べ-詳細)

こんな感じの色がついてしまった部分に、

マニュキュアタイプになっているので、そのまま塗っていきます。

すごくないですか?

簡単にキレイに修正できて驚きました。

買う時に壁紙の色だけ間違えなければ大丈夫です。

誰でも簡単に出来ると思います。

また、少し模様が入っている壁紙の方が修正した後は分かりにくくなりますね。

安いですし、オススメです。

検索

© 2020 たろみちの日記