マイカエギングのシステム!引きが楽しい『マイカ』の釣り方

マイカとは?

マイカの標準和名はスルメイカです。

特徴としては、菱形のヒレは小さいですが、腕が長く、胴体はヤリイカよりも大きいです。

最大で胴長が35cm以上となることもあり、オスよりもメスの方が大きいと言われています。

他のイカは釣り上げると大人しくなりますが、マイカは悪魔的に見えます(笑)

獰猛で釣り上げた後でも足をやたら動かしています。

釣りをしてても勢い良くエギを抱いてくるので、引きが強くて楽しめるイカです٩(>ω<*)و

また、船のイカ釣りと言えばマイカを指す事が多いです。

ハイシーズンは夏~秋とされています。

マイカの釣り方

ラインはPE0.8号にします。

初期・港内の場合には、リーダーはフロロカーボン2.5~4号(10~16ポンド)、エギは2~3号、スッテは5cmを使用します。

外海の場合には、潮流が速く、水深も深いため、大型サイズが必要になります。

リーダーはフロロカーボン4~5号(16~20ポンド) エギは3~4.5号、スッテは5~8.5cmを使用します。

悩んだら最初は大きいサイズにして下さい。

ヤリイカは沿岸回遊性ですが、マイカは沖合回遊性になります。

なので、水深が深めの大型港、港内よりも外海を狙います。

または、磯場を狙います。

※磯場は足もとが悪いので気をつけて下さい!!

エギに対する反応は良いので、とにかく回遊しているタナを捜すのが先決です。

小魚を追って表層~中層を回遊している事が多いとされています。

見えイカならシャロータイプ。

底層がアタリダナならディープやヘビータイプを使います。

基本的にはナイトゲームが中心となるため、アピール系やグロウタイプのエギは効果的です!

ジグもおすすめと言われています。

エギ4号以上に対応しているロッドなら30~40gのジグもキャストできます。

磯場で釣るなら選択肢の1つとして携帯しても良いと思います( ¯꒳¯ )b✧

ジグは遠投しやすく、沈下速度も速いので反応が良いマイカに有効です。

沖目にはジグ、手前に寄っているならエギという様に使い分けても良いです!

どちらの場合にもスッテを付けるドロッパーシステムをおすすめします。

ドロッパーシステムやスッテのつけ方はこちらをご参照ください。

ジグの釣り方はジャーク&フォールを繰り返す方法を試して、慣れたらアクションを変えてみたりすると良いと思います。

また、ササミを巻いて釣るエサ釣りもおすすめです。

僕はエサ釣りには、こちらを使います!

イカがどのように見えているかなどを知る事でもっとイカ釣りが楽しくなりますよ!

【イカの生態について】はこちらをご参照ください。

引きが強いマイカを楽しみましょう!

検索

© 2020 たろみちの日記