フリーフォールとカーブフォールの使い分け

たろみち記事上PC

エギングの際に行うフォールには『フリー』と『カーブ』の2種類があります。

フリーフォール

ラインを張らない為に垂直に沈下します。

そのぶん沈下速度が速く、素早く底を狙えます。

エギは頭下がりで沈みやすいです。

イカがエギを抱いても違和感は少ないのでフッキングが良く、スレたイカにも有効とされています。

難点としては、ラインが張っていないため、アタリがわかりにくいです。

ロッドを立てて確認したり、ラインを張って確認する必要があります。

カーブフォール

ラインを張って沈下させるので、釣り人側に斜めに沈みます。

エギは水平姿勢で沈みやすいです。

沈下速度はフリーフォールに比べると遅くなるのでアピール時間は長くなります。

またラインを張って沈下させるため、アタリはわかりやすいです。

難点としては、ラインの張り方によってイカが違和感を抱いてエギを離しやすくなるとされています。

エギングでは大きくはこの2つを使い分けます。

どちらの投げ方にせよ、最初に投げた際には糸ふけはとり、1度ラインを張って真っ直ぐにした方がおすすめです。

風が強い時や見えにくい夜釣りにもわかりやすいので良いと思います。

ぜひ、意識してやってみて下さい。

検索

たろみち記事下

© 2021 たろみちの日記