在宅1日目 1度目の退院(自宅へ、食事、風呂)

体調確認


微熱は続いています。

この寒気は痩せたせいもあるかもしれません。

昨日も睡眠薬を飲みましたが、1錠目では眠れず2錠目のブロチゾラムOD錠を飲みました。

それから1時間くらいで朝まで眠りにつきました。

朝食は牛乳しか飲めませんでした。

やっぱり食欲低下やだるさがあります。

ですが、どこか気持ちはワクワクしています。

今日は一時退院です。

嫁が迎えに来てくれるまで少しでも片付けをしたいと思います。

テキパキと動きたいですが、素早くは動けません。

すぐに疲れてしまうけど、ゆっくり片付けていきました。

久しぶりに私服に着替えると服が大きく感じました。

約15kgの体重がどこかへ行ってしまった訳ですから、当たり前ですね。

結局、息切れの他にも貧血で立ちくらみもして嫁に手伝ってもらわなければ、まともに片付けもできなかったです。

恐ろしいほど、弱ってます。

挨拶を済ませ、退院の手続きが終わりました。

自宅へ


久しぶりの外は不思議な感じがしました。

景色もそうですが、外の匂いも入院前とは違う感じがしました。

少しドキドキしながら家に着きました。

嫁の親は嫁が見舞いにくる際に子供たちをいつも代わりに見てくれています。

「おかえり!」との子供たち、嫁の親の声。

子供たちは見せたいものがいっぱいあるようです。

そうですよね。

2ヶ月も家にいないんですから。

家族と家で久しぶりに会っただけで涙があふれました。

その日、節分に使用した落花生を子供にむいてあげましたが、何とも幸せを感じました。

家族とそばにいるだけでこんなに幸せなんですね。

食事


嫁が食べてみたいものをリクエストさせてくれました。

退院中に出来るだけ味が感じられて食べられるものを探したいと思います。

ハヤシライスは風味はわかりましたが、薄く感じますし、喉越しがやや辛かったです。

リンゴやバナナは薄く感じましたがイメージと近い感じがしました。

食べやすく切ってくれたバナナをいっぱい食べました。

いよかんは喉にしみて痛かったです。

落花生は比較的しっかり味がして美味しく感じましたが、細かいのが口や喉に残るので水分と一緒にとる必要がありました。

風呂


久しぶりの風呂は熱かったけれど、心まであたためてくれました。

ですが、体を洗ってるとやはり疲れを感じたので、長湯はやめてすぐに上がった。

それでも癒されました。

検索

© 2020 たろみちの日記