危ない!倒れる!

失神


退院してから110日が経ちました。

体重は69kgとなかなか増えませんが、運動もしてますし、最近はめまいが少なくなってきていました。

しかし、友達と温泉に入っている時にまた失神してしまいました。

お風呂から上がって歩いている時の事です。

急に視界が見えなくなりかけたので壁に触れていました。

すると記憶がありません。

気付いた時には後ろから友達に脇を支えられており、いつの間にか持っていたタオルは落とし、視界は歪み、両足は痺れがひどくガクガクしてコントロールが効きません。

意識はあるのに体が動かせません。

視界が徐々に良くなっていく中、友達が後ろから「大丈夫か!?」と言っている声だけが聞こえます。

足が痙攣している間、ずっと友達が支えてくれて、力が入る様になってから座りました。

全身脱力していたと後から教えてくれました。

っていうか、友達が後ろにいなければ倒れてました。

助かりました。

湯上りにはのぼせる事もあるとは思いますが、ここまでなるのは初めてです。

ちなみにそんなに長くは温泉には入っておらず、せいぜい5分ぐらいなので、いつも家で入っている時間の方が長いです。

色々動いていたので疲れもあったとは思いますが、やっぱり怖い症状ですね。

失神の原因は色々あります。

失神をおこす原因で最も多いものは、反射性の失神であり約1/4を占めます。

その反射とは自律神経の中で副交感神経に属し、心臓や血管を支配している迷走神経の過剰な反射性興奮です。

何も基礎疾患が無い若い人が朝の朝礼の間に倒れたり、採血で針を刺して血液を抜きかけたばかりなのに気分が悪くなって倒れるのはこの反射による失神です。

他には頸動脈洞失神、多系統萎縮症など自律神経に障害をきたす神経疾患、心原性失神、脳血管の異常、てんかん発作、低血糖、副腎不全などの内分泌異常、極度の貧血、また病気以外でも血圧を下げる薬や抗うつ剤などの薬物を内服している場合、ヒステリー、過換気症候群などによるものなどさまざまな原因があります。

医師に報告しますが、おそらくは今回も起立性低血圧だとは思います。

起立性低血圧いわゆる立ちくらみは程度が強いと(例えば血圧が30mmHg以上下がる)、失神をきたすといわれています。

特に体調が悪かったり、脱水気味の時にはなりやすいとされていますが、今回はどうだったのでしょうか。

意識はしていたつもりですが。

何にせよ、いつなるかはわかりませんがこれからも出来る範囲で気をつけたいと思います。

その後、まためまいが増えています。

何なのでしょうか、この身体は・・・。

投稿者:

たろみち

簡単な自己紹介をさせていただきます。 病院でリハビリの仕事をしています。医療従事者としてはそれなりに健康管理をしてきたつもりです。 2017年11月33歳となり、子どもには恵まれ、妻のお腹の中にも3人目が出来て喜びの最中、癌になりました。 家族や仲間や応援してくれる方々の事を想いながら、前向きに上咽頭がんと治療後の副作用と向き合っています。 残念ながら2年後には脊椎に転移してしまいました。 2019年6月現在、転移性脊椎腫瘍と闘っています。

コメントを残す