入院69日目(耳鼻咽喉科、薬の調整)

体調確認


今朝も37.2℃と微熱です。

朝食前にアセリオやロピオンが点滴で入りますが、その後は平熱になります。

また、今朝も痛みは少なく、血痰などもみられていません。

耳鼻咽喉科


先日の検査検査を教えていただきました。

まず、耳に関しては聞こえ方は良くなっているとの事でした。

ですが、今後は中耳炎になる可能性があると話されていました。

また、味覚検査では舌の前側(鼓索神経)のみ正常範囲ですが、舌の後側(舌咽神経)や喉ちんこ(=軟口蓋、大錐体神経)は感覚がなくなっていました。

感覚が回復するかはまだ炎症してる事もあるのでわからないですが、元には戻らない可能性があると話していました。

それよりも慣れていく方が早いみたいです。

今後の予防としては、乾燥させない事と、ミネラル(亜鉛、ビタミンB、鉄分)をとる事をすすめられました。

耳鼻科の医師には元には戻らないとは言われましたが、他の人のブログを見ると、ゆっくりでも回復してる人がいるので私もあきらめません。

美味しいものをきちんと感じて食べれるようになってみせます。

味を感じないのは本当に辛いです。

薬の調整


オキファスト(痛み止め)の濃度が調整されました。

また、ケタラール(麻酔)が中止になりました。

特に体には変化はないので、引き続き明日も調整されていくと思います。

今後は飲み薬へと移行していくみたいです。

投稿者:

たろみち

簡単な自己紹介をさせていただきます。 病院でリハビリの仕事をしています。医療従事者としてはそれなりに健康管理をしてきたつもりです。 2017年11月33歳となり、子どもには恵まれ、妻のお腹の中にも3人目が出来て喜びの最中、癌になりました。 家族や仲間や応援してくれる方々の事を想いながら、前向きに上咽頭がんと治療後の副作用と向き合っています。 残念ながら2年後には脊椎に転移してしまいました。 2019年6月現在、転移性脊椎腫瘍と闘っています。

コメントを残す