自宅療養38日目(外来、お祭り)

体調確認


筋肉痛とだるさがあります。
筋肉痛は大腿前面(太ももの前側)に痛みがあります。

外来


最初に歯科へ行きました。
今日はだ液量の検査です。
また10分間ガムを噛み続けながらだ液を吐き出します。
結果は1ml増えて8mlでした。
前回ほど増えてはいませんが、微増でも増えていることには変わりないので治療を継続します。
虫歯はありませんでした。
次回から1ヶ月ごとの受診になりました。
次に放射線科です。
先日のMRIの結果を聞きに来ました。
原発部位に関しては画像上も見えなくなっていました。
ただ、リンパに関しては残りカスみたいながんが残っています。
これは1年くらいかけて消えていく事があるそうです。
風邪などでも腫れる事はあるので、残っているものが生きているガンなのかどうかはわからないみたいです。
経過をみる事になりましたが、医師は上々の結果だと話していました。
また、かなり強い治療の後なので、がんがあってもいきなり増える事はないそうです。
そんな増えるものがあったらそもそもの治療が効いていなかったという事らしいです。
なので、検査は1ヶ月おきに行いながら経過を診るそうです。
次回は内視鏡検査、その次は全身評価としてPETを予定しています。
全身への転移の有無も気になるので、なるべく早めに検査を依頼しようと思います。
全身検査が無事なら一安心できますね。
とりあえず今回の検査で局所は大丈夫という結果になったので良かったです。
さっそくお祝いをしようと思います。

お祭り


楽しみを爆発させて子供たちのテンション上がっていました。
くじ引きでおもちゃが当たって幸せだと話していました。
そんな笑顔の子供たちを見てて私が幸せになります。
生きる事は目的ではなくただの手段、生きる希望を見つけるのが人生だと思います。
つまりどう生きるか、それを探すのが人生なんじゃないでしょうか。
私の場合はやっぱり人との出会いに人生を感じます。
嫁、子供たち、親族、友人、仲間
、これらが私の宝物であり、生きたいと思える希望なのです。
辛い治療に耐えれたのも、副作用が残っても生きたいと思えるのもみんながいるからです。
子供たちにはそんな想いを込めて名前に人という漢字を使っています。
素敵な出会いや人との繋がりを大事にしてくれたら嬉しいです。

投稿者:

たろみち

簡単な自己紹介をさせていただきます。 病院でリハビリの仕事をしています。医療従事者としてはそれなりに健康管理をしてきたつもりです。 2017年11月33歳となり、子どもには恵まれ、妻のお腹の中にも3人目が出来て喜びの最中、癌になりました。 家族や仲間や応援してくれる方々の事を想いながら、前向きに上咽頭がんと治療後の副作用と向き合っています。 残念ながら2年後には脊椎に転移してしまいました。 2019年6月現在、転移性脊椎腫瘍と闘っています。

コメントを残す