自宅療養25日目(副作用確認、蜂退治)

体調確認


体調は変わりません。
入院治療が全て終わり、約1ヶ月が経とうとしています。
ここで副作用や今みられている症状の確認をしたいと思います。

副作用確認


【手足の痺れ】
四肢末梢に常時痺れがあります。
感覚としては長時間座っていた時になる痺れに近いです。動いたりすると痺れは強くなります。
【手の震え】
手が常に細かく震えています。
細かい事をしたり、物を持ったり、力を入れたりすると震えは強くなります。
【倦怠感】
日によりますが、だるさがみられます。体が重く感じます。
【貧血】
まだヘモグロビンの値が低く、皮膚の色が白っぽいです。
【起立性低血圧】
起き上がったり、立ったりするとめまいがします。視界がゆがみます。
【皮膚炎】
頭や顔や上半身に小さなニキビの様なプツプツがたくさんできます。
また、爪の形も変形しました。
やや爪の厚さが増し、縦線も入る様になりました。
【便秘】
最近は3日に1回は出るようになりました。病前は毎日出ていました。
【夜間頻尿】
夜中にトイレに起きてしまいます。
今は3~4回は必ず起きます。前回退院時には2週間ほどで落ち着きましたが、今回はなかなか治りません。
【白血球数などの低下】
現在、底はうったと主治医からの説明があったので数値は改善していくと思います。
でも、まだ数値は低いので感染には気をつけています。
また、腎機能が病前と比べると低くなっています。
【筋力低下】
半年に渡るベッド生活によって全身の筋力が低下しました。
特に下肢は痩せてしまい、太ももを両手で包める様になりました。
【体重減少】
病前は90kgありましたが、現在は67kgになりました。もう少し減ってしまうと低体重になってしまいます。理想体重の74kgを目指しています。
【冷え症】
筋力が低下したり、痺れがあったり、循環が悪くなったせいか冷え症になりました。
しかも、一度冷めたらなかなか温かくも出来なくなっています。
【耳鳴り】
治療前には聞こえが悪くなっていましたが治療後は治りました。
でも、代わりに耳鳴りがする様になりました。
すぐ止まるのでそこまで困ってはいません。
【左の脇腹痛】
最後の治療後からたまに左の脇腹が痛くなります。
けっこう長い時間痛いので気になっています。
【食欲低下】
だいぶ改善してきましたが、日によって食欲低下がみられます。
お腹が減ったという感覚はあまりありません。
【だ液分泌量低下】
だ液が出なくなっています。
健常の3分の1程度しか出ません。その為、すぐに口が渇きます。
水分をとらないと口の中が切れて出血します。また、口の中がベタベタになり発話もしにくくなります。
飲み込みにも影響が出ています。
【嚥下機能低下】
陽子線の影響か首の前側の筋肉(飲み込み時に使う筋肉)が短縮(短くなる事)しています。また、だ液が出なくなっている事もあり飲み込みが出来ない事があります。
【味覚障害】
一時は味覚消失していましたが、現在は7割くらいに回復しています。まだ敏感に感じたり、味が感じにくかったりと安定はしていません。
【吐き気】
うがいや歯磨き時に舌の掃除をしようとすると吐き気がします。
少しずつ刺激に対して強くなってきています。
【鼻腔閉鎖不全】
うがいや食事の際に液体を飲み込むと鼻から液体が出てきます。

蜂退治


アシナガバチの巣が軒下に3つも出来ているのを子供が発見しました。
2階部分に巣を作っていた為、屋根に上がって取るしかありません。
前に起立性低血圧で倒れた事があるので高いところは怖かったですが、家族を守る為に頑張りました。
一応調べましたが、蜂の巣撤去は市では対応はしておらず、専門業者に頼むと8000円くらいかかるらしいです。
重装備し、スプレーも購入して戦いました。
1つの巣が2cmくらいです。
このスプレーの効果には驚きました。
一瞬で蜂を倒します。
おかげで向かってくる蜂はいませんでした。
さぁ、これで外で遊んでも大丈夫ですね。

検索

© 2020 たろみちの日記